幼児教育・保育の無償化の実施でどうなる!

2019年10月から始まる
「幼児教育・保育の無償化」について解説いたします。

手っ取り早く「うちの子の場合はどうなるの?」
という方はこちらをご覧ください↓
参考:うちの子の場合は?

以下はよくある質問です↓
参考:こんなときはどうするの?

そもそも幼保教育・保育の無償化って何?

この「幼児教育・保育の無償化」でよくある誤解として
5歳までの子は保育園も幼稚園も

「全て無料なんでしょ!」

という意見がありますが、
そうではありません。

 

そもそも幼児教育・保育の無償化とは

幼稚園、保育所、認定こども園等を利用する
 3歳から5歳の全ての子供たちの利用料を無償化。
 0歳から2歳児の子供たちの利用料については、
 住民税非課税世帯を対象として無償化。

(住民税非課税世帯とは、文字通り住民税が非課税となる世帯のことを言います。
詳しくはこちら → 【解説】住民税非課税世帯とは?その計算方法がこちら!

という事です。

あくまで利用料を無償化するという事ですで、
・入園料
・通園にかかる交通費(スクールバス代含む)
・お弁当作りにかかる食材費
・病児保育料
・行事費
・制服などの学用品代
……など無償化の対象外だそうです。

また、預け先によっては無償化ではなく
「一定の金額までは補助しますが差額分は負担してくださいね」
というものです。

認可外保育サービスも無償化なの?
認可外保育も他と同様に
全てが無償化ではなく
「一定の金額は補助しますが差額分は負担する」
というかたちだそうです。

幼児教育・保育の無償化の手続きはどうするの?

保育施設によって手続きが異なるそうです。
詳しくはあなたのお子様が通っている保育施設や園
または、あなたのお住いの自治体に確認をしてください。

参考:こんなときはどうするの

 

幼児教育・保育の無償化 ママ&パパの意見

0歳から5歳の子供がいるママ&パパの
幼児教育・保育の無償化について
「賛成」と「反対」の意見をまとめてみました。

 

「賛成」
・家計の負担が減る
・全ての子供が平等に教育を受けられるようになる
・少子化対策に有効だと思う
・浮いたお金で習い事をさせたい。
・費用が高く入園を敬遠していた園に通わせられる。 

「反対」
・待機児童の解消をどうにかしてほしい
・保育士不足の解消をしてほしい
・保育の質が落ちるのでは
・競争率が高まり保活が激化しそう・・・
・保活をしなくていい仕組みを作ってほしい
・児童手当の増額のほうが嬉しい
・3人目以上の経済的支援があると嬉しい
・無償化より一定金額配布のほうがいい
・多子家庭に手厚い保障がほしい
・無償化は金銭的に助かるが、そもそも入園できないと
無償化の恩恵は受けられない。

家計費の負担が減るのは嬉しいが
他に優先して整備するものがあるのでは
というのが大筋の意見でしょうか。

子どもが6人いる私にとっては
子どもの多くいる家庭に手厚い補助
などがあると嬉しいですね^^

ただ私個人の意見としては、
他に優先するものがあるはずだ! 
と反対しているだけではなく(気持ちは分かりますが・・・)

確実にくる「幼児教育・保育の無償化」の実施までに
早めに、そしてしっかり制度を理解をして、
出来る限り早く行動を行う事が大切だと思います。
(制度の実施前後は混乱が起きることが予想されるので)

そのうえで実際に経験し、
「良かった点、改善したほうが良い点、他に優先すべき整備」
などを園や行政に声をあげて訴えたほうが
説得力がありますし、実際に改善される確率が高まります。

HP紹介(幼児教育・保育の無償化について)

「幼児教育・保育の無償化」について
分かりやすく掲載しているHPをいくつか紹介します。

子供が未来をつくるから。幼児教育・保育の無償化はじまります。
(内閣府)

↑上のHPでは
・こんなときはどうするの?(よくある質問)
・うちの子の場合は?
・幼児教育・保育の無償化について知る
・広告(CM動画やポスターや新聞広告)
があるので、ここを見れば「幼児教育・保育の無償化」については
一通り理解ができると思います。

 

個人や中小企業がかみ砕いた情報を掲載してるHPを紹介します。

モアキャリーメディア

さくっと知りたい「幼児教育無償化」 どういうもの?対象は?いつから始まる

【最新版】幼児教育無償化のニュースを分かりやすく解説します(随時更新)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です