子連れ出勤が常識な社会の実現へ・・・」

結論からいうと、子育て世代の主婦は優秀な人が多い!
その方たちを社会で活躍できる環境を創ることができれば、
家庭にお母さんの笑顔が増え、家庭も円満になると思う。
絶対に!!!

今現在、働きたくても働けない子持ちの専業主婦は全国で
100万人以上いるとされている・・・

 

当サイトを立ち上げた理由として、私が今までの職場での体験で子供がいるという理由でいつ休むかも辞めるかもしれないからと企業から扱いがひどかったり肩身が狭い人たちを多く見てきたからだ。

ただ、子育て世代の主婦は
・物事や人に対して柔軟な考えを持っている
・様々な経験を経てきているの社会にうまく適応する能力がある。
・結構タフ。男性よりも強い精神力を持っている。
・男性にはない女性ならではというよりも主婦ならではの発想力がある。
・律儀で約束は破らない。
・出産前は社会人経験がある方が多く、様々な技能を持っている

など例を挙げるとキリがないくらい優秀な人が多いと思います。

私が会社で働いていて常々思っていたことは、
「子供のいる主婦の状況を理解し企業でも主婦が
安心して働ける環境や仕組みをつくればいいのにな!」
って、ずっと人ごとのように見てきました。

けどその仕組みを自分で
創れないかなって最近になって考えてて・・・

調べてみると、子連れ出勤をしている企業はあるがまだまだ少ない・・・
そして子連れ出勤に対する理解度は低い・・・

子連れ出勤に関する「負のイメージ」がまだ強く
・実際の現場ではどのような問題があるのか?
・それを解決するにはどうしたらいいのか?
などを検証し改善していけば、きっと今より良い未来になると思っているが
そのイメージを払拭するのは難しいだろうし、
業種によっては向き不向きがあるだろうし・・・

だったら最初から子連れ出勤可能を前提とした会社があれば、
様々な問題点や解決策をまとめて他の企業に広めていけば面白いのではないか!
と考えています。

 

また政府も子連れ支援を推奨する発言があり、宮腰内閣府特命担当大臣は
平成31年1月18日「子連れ支援」の総合的推進について発表しました。

最近は社会の動向も変化しつつあるので、
今が良い機会ではないかと思ったわけです。

ただ一人では単に幻想にすぎない考えですが、
一人一人と小さいけれども協力してくれる、理解してくれる人が集まれば
やがて大きな力になり社会を変えて、困っている子育て世代の主婦の助けに
なると思っています。

「言うは易く行うは難し」ですが
1年以内には何らかの結果をだすよう行動していきますので
皆様のご協力なにとぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です